スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地域差考慮した医療改革のデザインを―産科婦人科学会(医療介護CBニュース)

 日本産科婦人科学会は1月24日、「拡大医療改革委員会」兼「産婦人科医療改革公開フォーラム」を開き、医療改革委員会が18日に公表した「産婦人科医療改革グランドデザイン2010」の骨子案について、海野信也委員長(北里大医学部産婦人科学教授)が説明した。骨子案は、90万分娩に対応できる医療提供体制を20年後に構築するため、産婦人科専門医の毎年500人以上の増員を目指す内容で、出席者からは、グランドデザインの取りまとめにあたり地域差などを考慮するよう求める声が相次いだ。海野委員長は、こうした意見を取りまとめに反映する考えを説明した。

 骨子案では、診療所の医師一人当たりが管理する年間出生数が、病院の約2倍に上る状況を指摘。全分娩に対して診療所がカバーする割合を現状の48%から、「2分の1から3分の2」にまで引き上げるよう提言している。その上で、90万分娩体制を確保するには、3分の2に当たる60万分娩を診療所が担当しても、産婦人科医9000人前後の実働が必要だと試算。専門医の増員数を現在の年400人強から500人に引き上げれば、20年後には8100人程度の実働を確保できるとの見通しを示している。

 こうした内容に出席者からは、診療所がカバーする分娩の割合や、産科医の年齢分布などの実情には地域差があるため、グランドデザインを取りまとめる上で、▽地域差を考慮する▽複数のモデルを提示して地域の実情に応じて選べるようにする―ことを求める意見が相次いだ。
 海野委員長は、「まずは全体をおさえて、(地域差の)バランスをどう取っていくかだと考えている」と説明。「それぞれの地域の実情を踏まえた上で、先生方から提案を頂いて全体のグランドデザインに反映していきたい」と述べた。

 同学会では、骨子案に対する意見をホームページ上で公募している。海野委員長は会合終了後、記者団に対し、公募を月内に締め切り、寄せられた意見を反映したグランドデザインを年度内にも取りまとめる考えを説明した。


【関連記事】
「産婦人科医療改革グランドデザイン」骨子案で意見公募
産婦人科・産科の医師数10年ぶり増―厚労省調査
周産期のチーム医療のあり方などで議論―厚労省検討会
産婦人科医の状況、「悪化」が半減
出産育児一時金「直接支払」を半年間猶予

<偽1万円札>東北4県で相次ぎ見つかる(毎日新聞)
首相と2閣僚、秘書任せ認める 収支報告書チェック(産経新聞)
「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕-大阪府警(時事通信)
小山登美夫ギャラリー「名知聡子展」 東京・清澄(産経新聞)
<センター試験>願書受け付け始まる 国公立大2次(毎日新聞)
スポンサーサイト

小沢氏の個人事務所周辺、重々しい雰囲気 「納得できる説明を」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は23日午後、小沢氏から任意で事情聴取を始めた。小沢氏の資金管理団体「陸山会」の事務所が入る東京都港区のマンション周辺には報道陣の姿もなく閑散とした様子。一方、小沢氏の個人事務所が入るマンションには、報道陣のカメラ10台以上が集まり、警備のための警察車両が配備されるなど重々しい空気に包まれた。

 不安そうな様子でマンションを眺めていた事務所近くに住む会社員の男性(34)は「検察の動きは政局がらみのように感じる。しかし、小沢氏は国民が納得できる説明責任は果たすべきだ」と話した。

【関連記事】
民主「広がる不安感」選挙や国会への影響懸念
小沢氏を任意聴取 東京地検
小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気
小沢氏聴取、焦点は「関与」「原資」
ほころび目立つ小沢氏の主張 3年前の釈明会見を検証する

選任手続き、手話通訳付けず=裁判員候補者の要望見落とす-高知地裁(時事通信)
小沢幹事長 虚偽記載関与を否定 聴取後に会見、文書配布(毎日新聞)
【鉄道ファン必見】引退の花道、デハ702「さよなら運転」 銚子電鉄(産経新聞)
「現行案がベスト」普天間移設で駐日米大使(産経新聞)
地元住民と初の意見交換=八ツ場ダム中止問題で-前原国交相(時事通信)

柔道初段コンビニ店員、強盗に“一本”(読売新聞)

 21日午前1時35分頃、兵庫県川西市萩原1のコンビニエンスストア「ローソン川西萩原1丁目店」で、男がカウンター内に押し入り、男性店員(22)にナイフ(刃渡り6センチ)を突きつけ「金出せや」などと脅した。

 店員はナイフをかわして男を羽交い締めにし、そのすきに別の男性店員(21)がナイフを取り上げた。店の客が北100メートルほど離れた川西署まで駆けつけ通報。署員が男を強盗未遂容疑の現行犯で逮捕した。

 発表によると、同市出在家町、無職清水達也容疑者(47)。

 清水容疑者を羽交い締めにした店員は大阪府内の大学4年生で、高校時代の3年間、柔道部に所属し、初段の腕前。「とっさのことだったが、体が自然に動いた」と話していたという。

<建造物等損壊容疑>壁をけって壊す 千葉県の室長を逮捕(毎日新聞)
小沢氏捜査 千葉法相「「公正公平、適正に行われていると承知」(産経新聞)
不合格なのに入学費用通知、あて名誤り送付(読売新聞)
事件を勝手に「終局」…千葉家裁職員を戒告処分 (産経新聞)
<参院>首相、従来主張繰り返し 「政治とカネ」追及に(毎日新聞)

「政策の違いは出てくる」自民党大会で公明・山口代表(産経新聞)

 公明党の山口那津男代表は24日の自民党大会で来賓としてあいさつした。この中で「(別々の)政党なので政策の違いは出てくるだろう」と述べ、今後の国会運営では自民党と別行動となる場面が出てくることを改めて示し、与党時代との違いをにじみ出した。

 また「われわれは連立の10年、政権の政治決断の重みや政策実現への技術と経験を(自民党から)教えて頂きながら、今日まで来た」と自公連立を総括し、「野党となり、お互いに党の再生、再建をかけて新たな出発をした」との現状認識を示した。

 一方で「自民党のもっとも良いところは自由があるところだ。これからも良き伝統を大いにいかしてほしい」とエールも送った。

【関連記事】
「小沢独裁と戦う」 谷垣総裁が決意表明 自民党大会
外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会
ノムさん自民党大会で講演、自民と楽天にチクリ
“美人すぎる”藤川市議が自民党大会で登壇
転落自民、資金離れと「孤独な戦い」

「改善不十分」14校を指名=法科大学院の状況調査-中教審特別委(時事通信)
小沢氏が記者会見「裏献金一切もらっていない」(産経新聞)
郵便局長、強盗に切られ重傷=刃物男逃走-千葉・市川(時事通信)
橋下知事「大阪市長とはかみ合わない」(産経新聞)
<警察庁>若い女性の防犯対策、不動産業界に呼びかけ(毎日新聞)

電気カーペット パナソニック電工製で焼損事故 リコール(毎日新聞)

 経済産業省は25日、松下電工(現パナソニック電工)製電気カーペットのコントローラー部分が焼損する事故が8件あったと発表した。けが人はいない。同社は対象製品約116万枚について、リコール(無償交換)を実施する。

 経産省と同社によると、昨年6月、千葉県内で製品を使用中にコントローラーの表面などが溶け、床が焦げる事故があった。同様の焼損事故が7件あり、いずれもコントローラー内の回路に設計ミスがあったためにショートし、異常発熱したのが原因とみられるという。

 対象製品は92年2月~05年3月に製造された「ホットカーペ ゆかピタ」「ホッと畳」などナショナル松下電工ブランドで販売された7製品90機種(計約115万枚)と、93年2月~95年12月に製造され「コープこうべ」と「大阪北生活協同組合」で販売されたコープブランドの5機種(EC-8233やEC-2334など計1万枚)。

 問い合わせは同社(0120・550・703)。

【関連ニュース】
派遣切り争議:提訴の女性、パナ電工と和解 地裁郡山支部
パナソニック:持ち替え不要 前も後ろもとがったアイロン
パナソニック:先行サムスン追い上げの構え
パナソニック:「環境革新企業」目指す…10年度経営方針
パナソニック:Skypeと提携 テレビ電話可能機種発売

<車上荒らし>巨人・加治前選手、ゴルフバッグなくなる(毎日新聞)
小沢幹事長は「戦いに専念」、幹事長職務代行は輿石氏に(レスポンス)
石川容疑者、陸山会の実務一手に担う(読売新聞)
「将来に不安…」妻と長男殺害の67歳逮捕(読売新聞)
日航破綻 東北の翼行き先懸念 各県、利用促進頭悩ます(河北新報)

前田日明氏「大仁田になれ」にムッ(スポーツ報知)

 民主党が今夏の参院選で比例代表の新人候補として擁立する元プロレスラー・前田日明氏(50)が19日、月刊誌「サイゾー 3月号」(2月18日発売)の企画で、民主党の藤末健三参院議員(45)と対談した。

 「格闘王」の異名を持つ前田氏と、ボクシングのプロライセンスを持つ藤末議員との“武闘派”同士が熱く語った。

 以前から親交がある藤末議員が、選挙活動について「メディアに露出するのはタダ。大仁田さんのように、有名な人はどんどん出るべき」とアドバイス。01年の参院選でマスコミでの多様なパフォーマンスで当選した、プロレスラーで元参院議員の大仁田厚氏(52)にならった選挙活動を勧めた。前田氏と大仁田氏はかつてともにプロレス界で活躍した同世代の人間だが、前田氏は大仁田氏に好印象を持っていない様子。思わず顔をしかめながらも「選挙費用を安くするため、できるだけ多くメディアに出ていきたい」と前向きに話した。

 前田氏は、半年後に迫る参院選へ「官僚政治の脱却」を強調。公共事業費に多大な資金が投入されている現状に「特別会計で、じゃぶじゃぶ税金が使われてる。政治の世界は、日本に残された、一番最悪なヤクザの世界だ」と、自民党政権時代から続く官僚政治を大批判。また、政界の情報管理を重要視し「日本CIAを作る」など、早くも前田流マニフェストを掲げた。

 政治資金問題に揺れる、民主党の小沢幹事長については「誰に聞いても『あれが問題になるんなら、問題にならない議員はいない』と話す。マスコミは毎日のように報じて、世論誘導している」と語気を強めた。

 【関連記事】
鳩山内閣不支持上回る…通常国会開会もついに「44.1%」
石川容疑者の弁護士、取り調べの全面可視化を要望
橋下知事が来年4月統一地方選へ“橋下グループ”公募
橋下知事“大阪統一グループ”公募へ

「捜査が進めば小沢氏が判断」=説明に期待-鳩山首相(時事通信)
大雪で北海道の8会場で試験繰り下げ センター試験(産経新聞)
民主「情報漏洩対策チーム」を野党が猛批判 「報道の自由を侵害」(産経新聞)
ハイチ地震で輸送機活用を検討 防衛相(産経新聞)
「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン(医療介護CBニュース)

回らぬ風車、控訴審判決は「つくば市の過失が大」早大の賠償を減額(産経新聞)

 茨城県つくば市が小中学校に設置した小型の風力発電機が計画通りに発電しなかったとして、同市が計画を策定した早稲田大と風車を製造した大阪市のメーカーに約3億円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が20日、東京高裁であった。小林克巳裁判長は「市側の過失が大きい」として、早大に約2億円の支払いを命じた1審東京地裁判決を変更、賠償額を約8960万円に減額した。つくば市側は上告の方針。

 争点は(1)早大側が同市との契約に従い適切な計画を策定したか(2)市側は風力発電事業が実現不可能と事前に認識していたか-など。

 小林裁判長は「提出したデータ通りの発電量が得られないことや、発電機の消費電力が発電量を上回ることを知りながら市に説明しなかった」などと1審に続き早大側の責任を認めた。

 一方で、市側が「発電量が小さく売電事業の見込みも厳しいとの情報を得ていた」と指摘。「環境省のモデル事業で交付金が得られることが判明すると、詳細な検討もせず事業に応募し、推進した」などと市のずさんな事業推進を批判した。その上で、1審では7対3だった早大と市の過失を3対7とし、市の過失割合が大きいと結論づけた。

 メーカーへの請求は1審同様退けた。

 判決によると、同市は平成17年、市内の小中学校19校に風車23基を設置したがほとんどの風車が回らず予定の約4分の1の発電量しか得られなかった。

【関連記事】
テュフズードジャパン 風力発電設備認証に参入
風力発電に“逆風”…周辺で頭痛・不眠が続発!?
ラムサール登録に風力発電が障害? 敦賀市
Jパワー、丸紅から北海道の風力発電所を買収
クジラを想像させるユニーク風力発電機

<石川衆院議員>規正法違反容疑で逮捕…4億円虚偽記載(毎日新聞)
鳩山首相、普天間移設「米国とすり合わせる」(産経新聞)
<雑記帳>「嫁入り舟」の花嫁と花婿を公募 千葉・浦安(毎日新聞)
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待-日米チーム(時事通信)
レーザー光で顔の染み抜きは医療行為 エステ店経営者ら逮捕(産経新聞)

<小惑星探査機>「はやぶさ」地球引力圏の軌道に(毎日新聞)

 人類初の小惑星の岩石採取に挑戦した探査機「はやぶさ」が、地球の引力圏内に突入する軌道に到達した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が14日、明らかにした。はやぶさの地球への帰還がほぼ確実になり、採取した岩石を入れるカプセルが地球へ戻る可能性が高まった。

 はやぶさは03年5月に打ち上げられ、地球と火星の間の軌道を回る小惑星「イトカワ」に向かい、2度の着陸と離陸を成功させた。トラブルに見舞われ、帰還予定は3年延びたが、13日に地球から約150万キロの地球引力圏の内側を通過する軌道に乗せることに成功した。14日現在、はやぶさの地球までの距離は約5900万キロ。今年3月中旬まで主エンジンの運転を続け、より地球に近付ける。今年6月に地球へ到達する予定。【永山悦子】

【関連ニュース】
ロシア宇宙庁:「2032年に小惑星が地球に衝突」
国産衛星:はやぶさ、おおすみ…誰が命名?
小惑星:「2032年に地球衝突」 ロシア宇宙庁、対策検討へ
小惑星:埼玉在住・佐藤さんが発見、「臼田」と命名 /長野
的川博士の銀河教室:063 はやぶさ頑張れ!

<虚偽記載容疑>大久保被告を逮捕 小沢氏の公設第1秘書(毎日新聞)
声優郷里大輔さん自殺か=「キン肉マン」ロビンマスク役-東京(時事通信)
石川議員元秘書「証拠持ち出した」と上申書(読売新聞)
自宅でタンチョウ観察…15日朝からネット中継(読売新聞)
<ハイチ大地震>政府の医療チーム、C130輸送機で派遣へ(毎日新聞)
プロフィール

うえすぎともるさん

Author:うえすぎともるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。