スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「逆転無罪」に法廷どよめく…元公務員の党紙配布(読売新聞)

 マンションで共産党の機関紙を配るなどしたとして、国家公務員法違反(政治活動の禁止)に問われた元社保庁職員、堀越明男被告(56)の逆転無罪の判決の主文が読み上げられた瞬間、東京高裁の法廷内はどよめき、支援者から歓声が上がった。

 堀越被告は午前10時前、黒いスーツに黄色いネクタイ姿で102号法廷に入廷。多くの支援者らが陣取った傍聴席に目をやって会釈をしてから被告人席に座り、緊張をほぐすように大きく息をついた。

 「原判決を破棄する。被告人は無罪」。中山隆夫裁判長が証言台の前に立った堀越被告に告げると、静まりかえっていた傍聴席からは一斉に大きな拍手がわき起こった。中山裁判長は「静かにしなさい。こんなことで喜んではいけない」と静粛を求め、判決理由を読み上げ始めた。被告人席に戻った堀越被告は机の上に手を組み、神妙な面持ちでうつむいて耳を傾けた。

徳之島移設などに反対=地元知事・町長ら(時事通信)
<事業仕分け>「1年生議員」の参加を指示 鳩山首相(毎日新聞)
壁画どこへ行く 高度成長期の最先端「西長堀アパート」(産経新聞)
首相動静(3月26)(時事通信)
ブレーキ優先機能搭載を要請=フロアマット起因の暴走受け-消費者庁(時事通信)
スポンサーサイト

郵政改革法案、内閣バラバラ 亀井氏「決めた」、仙谷氏「再検討」 (産経新聞)

 亀井静香郵政改革・金融相は25日、自らが24日に発表した貯金の預入限度額を倍にすることを柱とした郵政改革法案骨子に、閣内から異論が出たことについて「鳩山由紀夫首相に了承されたから発表した。もう決めていることだ」と反論した。一方、仙谷由人国家戦略担当相は限度額引き上げの再検討を求める考えを示すなど異論が相次ぎ、足並みのそろわない内閣を象徴する事態となっている。

 亀井氏は、鳩山首相が24日に、閣内で議論する必要性を指摘したことについては「まだ閣議決定していないことを言ったのだろう。何か不思議なことがあるのか」とした。ただ「今後閣内であろうと閣外であろうといい意見なら全部聞く」と、微修正には含みを残した。

 平野博文官房長官も記者会見で「原口一博総務相が亀井氏と協議、了承したことは重い判断だ」と述べ、法案概要の大幅見直しには慎重な姿勢を示した。

 これに対して仙谷氏は、「内閣全体の問題だ。ゆうちょ銀行やかんぽ生命保険についてオープンに議論をする必要がある」と指摘。「民間企業や産業に資金を回す仕組みをつくらないと経済が縮む」として、資金運用力に欠ける日本郵政グループの金融肥大化に懸念を示した。

 また内閣府の古川元久副大臣は、郵政改革法案の概要に関し「限度額の引き上げが良いのかどうか相当慎重に議論しなければならない」と述べ、今後政府内での議論が必要との認識を示した。

【関連記事】
「民業圧迫、国民不幸に」竹中元郵政民営化担当相が郵政法案批判
日本郵政「上場は5年以内に」亀井郵政改革相
ゆうちょ銀の限度額2千万円に 「民業圧迫」批判で引き上げ幅圧縮
亀井氏でも郵政ファミリー企業は「必要なければ切る」
政権発足半年 原口総務相「私たちは道半ば」

防衛相、午後から沖縄訪問 普天間移設問題で知事らと意見交換(産経新聞)
<殺人容疑>「介護に疲れ」69歳妻を絞殺 三重(毎日新聞)
<平塚競輪場>「チャリLOTO」6億円超す 当選なく(毎日新聞)
運転見合わせ JR山手線など3線 立ち往生も(毎日新聞)
郵政改革の骨格発表へ=郵貯限度額を引き上げ-政府(時事通信)

日露戦争のロシア人捕虜弔う…松山(読売新聞)

 日露戦争で捕虜となり、松山市内の収容所で亡くなったロシア人兵士98人の慰霊祭が25日、同市御幸のロシア人墓地で営まれた。

 墓地の清掃奉仕を続けている市立勝山中の生徒らが墓前に献花し、平和への誓いを新たにした。

 同墓地保存会のメンバーのほか、在大阪ロシア連邦総領事館のイワン・プロホロフ総領事ら約50人が出席。勝山中2年で生徒会長の曽根夏生君が「松山市民の心を受け継ぐ活動は、国境を越えた友好の懸け橋になっている。世界平和の輪が広がってほしい」と訴えた。

 その後、出席者たちは兵士それぞれの墓前に花をささげ、手を合わせて冥福を祈った。

普天間移設2案「沖縄を愚弄」激怒する地元(読売新聞)
郵政改革案への異論に亀井氏「首相了承済み」(読売新聞)
「事実誤認あるのでは」小林千代美氏、捜査に疑問(読売新聞)
大阪のマンション玄関に遺体、殺人容疑捜査(読売新聞)
運航2社の統合も=仙谷戦略相-宇高航路存廃問題(時事通信)

雑記帳 「可愛い」…ペンギンが氷上散歩(毎日新聞)

 山口県内で唯一のスケート場を備える下松市のくだまつスポーツプラザで20日、ケープペンギン2匹が氷上をお散歩。愛嬌(あいきょう)たっぷり歩く姿に「可愛い!」。

【写真特集】ペンギンの親子はじめ 水辺の生き物たくさん 毎日水族館

 さくらちゃん(6歳)、むさしくん(4歳)の姉弟で、共に体長65センチ、体重3キロ。松江市から集客PRのため来場したが、名前の通り、主な生息地は暖かい南アフリカだ。

 プラザはフィギュアなどの練習場にもなるが、年々利用者は減り存続の危機も。寒さに負けない2匹の助けでお客と冬季五輪メダルを下松に呼び込みたい!【丹下友紀子】

【関連ニュース】
【写真特集】かわいい動物いっぱい 毎日動物園
【写真特集】美しいの鳥の写真はこちら 毎日動物園・鳥類別館
雑記帳:結婚式にペンギン2羽が「出席」 静岡のホテルで
長崎・ペンギン窃盗:動物園から次々持ち出し ペット店経営者を容疑で追送検

インスリン投与、殺人未遂容疑で看護師逮捕(読売新聞)
民主、生方副幹事長を解任 辞任拒否で“粛清”「動き出てくる」?(産経新聞)
女性米兵、任意聴取で飲酒ひき逃げ認める(読売新聞)
受け入れ拒否が大幅減=救急搬送で妊婦・新生児-総務省消防庁(時事通信)
橋下知事と平松市長に新たな火種…入学貸付制度(読売新聞)

# CO2が20分の1、過熱水蒸気式ごみ処理システム開発(産経新聞)

 財団法人「関西文化学術研究都市推進機構」(京都府精華町)は17日、ごみを高温の水蒸気で分解することでCO 2排出量を通常の20分の1程度に抑える処理システムの実証実験に成功したと発表した。発生する可燃ガスも発電に利用し、ごみ収集の電気自動車に供給できる。機構によると、水蒸気によるごみ処理システムは世界初で、実用化にもめどがついたという。

 システムでは、ごみに無酸素状態で800度の水蒸気を吹き付け、可燃ガスと炭化物に分解する。

 実験では、精華町の45世帯に協力してもらい、生ごみなどの可燃ごみ45キロを利用。30立方メートルの可燃ガスと4・5キロの炭化物に分解された。ガスからは9キロワットの電力が得られ、太陽光電力と合わせて計10・5キロワット(走行距離約30キロ分)をごみ収集車に供給した。炭化物は土壌改良材や吸湿剤などに利用される。

 設備を拡大するなどすれば、各自治体での実用化も可能。施設整備費や維持管理・運営費も通常のごみ処理施設の8割程度で済み、ダイオキシンも発生しないという。今後、プラスチックを混ぜるなどして今月末まで実験を繰り返し、データを詳細に分析する。

 京都府は実験結果を見極めながら、府内の各自治体に働きかけ、早ければ24年度にも実用化を目指したいとしている。府によると、10万人規模の都市のごみ処理施設では、通常1日100トンのごみを処理し、27トンのCO 2が発生しているという。

【関連記事】
ヤンマー、生ゴミ処理機を発火の恐れで再リコール 2機種約2万台
事業系ごみ処理料値上げ先送りへ 大阪市
ごみ収集「レジ袋禁止」苦情殺到で方針転換 浜松市
宝塚汚職 前市長の公判結審、判決は10月1日
ペットボトル再利用制度ピンチ 中国景気に振り回される

<訃報>佐藤昭子さん死去 81歳 田中角栄元首相の秘書(毎日新聞)
「ホワイトデーのプレゼントしたい」=ひったくり容疑で男子高生逮捕-警視庁(時事通信)
CO2が20分の1、過熱水蒸気式ごみ処理システム開発(産経新聞)
<普天間>北沢防衛相 沖縄県知事に検討状況を直接説明(毎日新聞)
<千葉法相>性別変更夫婦の子、「法的措置を検討したい」 (毎日新聞)

サクラ並木 春の陽気…名古屋で満開(毎日新聞)

 14日の東海地方は高気圧に覆われ、各地で春の陽気となった。名古屋市で一番早く咲く桜といわれる東区泉のオオカンザクラとカンヒザクラの並木も満開となり、ピンクの花が通行人の目を楽しませていた。

【特集】全国各地のさくら情報

 名古屋地方気象台などによると、名古屋市ではこの日18.9度を記録。岐阜市18.1度、津市17.9度など、いずれも4月上旬から中旬並みの気温にまで上昇した。【飯田和樹】

【関連ニュース】
【写真で見る】各地のさくら便り
【写真で見る】昨年もきれいでした 各地のサクラ
【写真特集】花見:写真で見る今昔 飲めや歌えは連綿と
桜:高知で開花 平年より13日早く

女性が最もとりたい資格は「医療事務」 収入高いイメージ(産経新聞)
民主・公明接近、目玉政策でも…参院選後に連携?(読売新聞)
かっぱ寿司で食中毒15人=長野・諏訪(時事通信)
接種後死亡は基礎疾患、インフル感染が影響―新型ワクチンで厚労省会議(医療介護CBニュース)
「目が疲れる」「現場に近づけない」=サリン被害者、症状継続-事件から15年(時事通信)

<清水建設>放射性コンクリ量100分の1に 削減技術開発(毎日新聞)

 原子力発電所の解体によって放射性廃棄物となるコンクリートの量を約100分の1に減らす技術を、大手ゼネコンの清水建設が世界で初めて開発した。コンクリート中の放射性物質だけを取り出す手法で、埋め立てスペースや管理コストを大幅に節約できる。

 原子炉を格納するコンクリート製の建屋は、運転中に炉から出る中性子を受けて放射能を帯び、解体時は放射性廃棄物となる。その量は、出力110万キロワットの大型原発の場合2000立方メートル、4000トン。現状ではそのまま埋め立て、厳重に管理するしかない。

 同社は、コンクリート中の砂利などに含まれるコバルトやユーロピウムなど、一部の金属成分だけが放射能を帯びることに着目。解体後のコンクリートを8ミリ大に砕いて高温の硝酸に24時間浸し、これらを溶かして分離する技術を開発した。この結果、1トンの放射性コンクリートのうち、放射性廃棄物として処理が必要なものは7・4キロと100分の1以下に抑えられた。

 残ったコンクリートは一般の産業廃棄物として処理したり、建材として再利用もできるという。実際の解体原発を用いた試験はこれからで、安全規制面で問題がないか検証を受ける必要がある。

 世界の原発は70年代に建設ラッシュを迎えた。当初寿命は30~40年とされ、96基が現在解体中。日本でも54基中9基が5年以内に運転開始40年を迎え、近い将来、大量解体時期を迎える。既に日本原電東海(茨城県)が解体中のほか、3基が解体準備中だ。同社は「埋設処分場を大幅に減らし、処分費の削減にもなる方法として実用化を急ぎたい」と話す。【山田大輔】

【関連ニュース】
伊方原発:3号機で微量の蒸気漏れ発見 放射能漏れはなし
浜岡原発被ばく事故:保安院が規定違反の中電を注意
原発作業被ばく訴訟:原告の敗訴が確定 最高裁が上告棄却
プルサーマル計画:宮城県知事、女川町長らが導入同意
伊方原発:プルサーマル試運転 3号機の発電再開

グループホームを一斉検査=7人死亡火災受け札幌市(時事通信)
学校運営「校長より職員会議」8割 道内公立校、「法逸脱」状態 (産経新聞)
子ども、内向き傾向に=「世界で活躍」2割以下-周囲との関係を重視・ベネッセ調査(時事通信)
高校教諭宅が全焼、1人死亡 千葉・佐原(産経新聞)
<JR東日本>4月から京浜東北線・根岸線に「女性専用車」(毎日新聞)

路線バスにひかれ3歳児死亡=運転手を現行犯逮捕-東京・練馬(時事通信)

 10日午後5時35分ごろ、東京都練馬区石神井台の区道で、走行中の吉祥寺駅発成増町行きの「西武バス」に、近くの会社員浅野広志さん(44)の長男裕也ちゃん(3)がひかれた。裕也ちゃんは病院に搬送されたが、頭を強く打つなどしており、死亡した。
 警視庁石神井署は自動車運転過失傷害の疑いで、運転手の大野正祥容疑者(31)=中野区鷺宮=を現行犯逮捕。同致死容疑に切り替え、調べる方針。
 同署の調べに、大野容疑者は「何かにぶつかった音がしたため、ブレーキを踏んだ。子供の姿は見えなかった」と話しているという。 

【関連ニュース】
原告と4700万円で和解=03年の内視鏡手術事故
1歳女児、送迎バスにはねられ死亡=72歳運転手を逮捕
妻に暴行、死亡させる=傷害致死で夫逮捕
女子高生が行方不明=事件の可能性も
女児虐待死容疑、継母を再逮捕=「揺さぶられっ子」症候群か

文京区長育休 ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)
蓮池薫さん、新潟大の博士前期課程に合格(読売新聞)
<トキ>「疑交尾」の画像を公開 環境省(毎日新聞)
蓮池さん、新潟大大学院へ=韓国・朝鮮史を研究-新潟(時事通信)
殺人容疑で夫を再逮捕=おので妻切り付ける-警視庁(時事通信)

1票の格差、違憲状態=衆院定数訴訟で4例目-福岡高裁支部(時事通信)

 昨年8月の衆院選の定数配分は小選挙区間の人口格差(1票の格差)が最大2.3倍で、憲法が保障する選挙権の平等に反するとして、那覇市の弁護士が沖縄1区の選挙無効を求めた訴訟の判決が9日、福岡高裁那覇支部であり、河辺義典裁判長は「違憲状態」とする判断を示した。選挙無効の請求は棄却した。
 この衆院選をめぐっては大阪高裁、広島高裁が違憲と認定したほか、東京高裁が違憲状態とする判断を示しており、今回で4例目となった。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

福知山線事故で初の整理手続き=JR西前社長、否認の意向-神戸地裁(時事通信)
首相、企業・団体献金禁止法案の今国会成立に期待感 国民新は反発(産経新聞)
5月未決着なら内閣不信任案も=普天間移設で谷垣自民総裁(時事通信)
米、スウェーデン折衷型社会を=日本の将来で提言-内閣府の研究機構(時事通信)
<鳩山首相>「いのち」確認の一日?お宮参り後、墓前で合掌(毎日新聞)

松本空港で気圧値発信ミス=旅客機着陸に遅れ-雪で視界悪く、安全懸念も・気象庁(時事通信)

 長野県の松本空港で雪が降り、視界が悪かった2月12日午前、気象庁の現地職員が間違った気圧データを発信したため、日本エアコミューターの大阪空港発の旅客機が高度を正しく把握できず、着陸が遅れたことが7日、分かった。管制塔が指摘し訂正されたが、着陸の安全性が懸念される事態だった。
 気象庁によると、東京航空地方気象台松本空港分室には当時、担当職員2人が勤務。正しい気圧を求めるために必要な温度の自動観測装置が故障したため、人による観測と手作業での電文発信に切り替えた。
 松本空港は標高657.5メートルと、日本で一番高い場所にある。通常は海面での気圧に換算したデータを発信し、滑走路上の気圧は使わない。
 しかし、職員は2人で一緒に作業していたにもかかわらず、パソコン画面に表示された滑走路上の気圧データを約15分おきに3回発信した。その結果、旅客機側の高度表示に100メートル以上の誤差が生じ、実際より高い所を飛ぶことになった。そのまま着陸しようとすると、急降下になるため、着陸をやり直し、約40分遅れで到着した。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム~B787ついに初飛行~
特集・エールフランス機墜落
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕米旅客機不時着事故

<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述(毎日新聞)
ケータイ派? パソコン派? 上手にこなす若い世代(産経新聞)
石井議員、厚労省への口添え否定…郵便不正事件(読売新聞)
橋下知事 「大阪市以外は皮」 府をまんじゅうに例え…(産経新聞)
石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら再逮捕(産経新聞)

総務相は有識者会議好き?新設ダントツの18(読売新聞)

 原口総務相が、省内で有識者会議を次々と設けている。

 5日には、就任以降18件目となる「日印ICT成長戦略委員会」の初会合を開いた。ICT(情報通信技術)分野でインドとの関係強化を目指すとして、学識経験者や企業経営者ら31人で構成する。

 有識者会議の設置について原口氏は「民間の知恵を生かして既得権益の壁を壊す政策を作りたい」と意気込むが、既存の審議会と似た会議もあり、「屋上屋を架すだけだ」との批判も出ている。

 18の会議は地方自治や情報通信、行政評価など多岐にわたり、郵政事業の検証など、民主党の政権公約(マニフェスト)に関連するものも。このうち、原口氏が議長を務める「地方行財政検討会議」は地方自治のあり方を見直すものだが、政府内には昨年11月設置の「地域主権戦略会議」(議長・鳩山首相)のほか、法律に基づく「地方制度調査会」(首相の諮問機関)がある。検討会議の1月の初会合ではメンバーから「相互関係はどうなっているのか」との指摘が出た。

 昨年9月以降の総務省の新設数は突出しており、同じ期間で文部科学省は4件、法務省2件、外務省1件、防衛省はゼロだった。

石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら再逮捕(産経新聞)
ドコモかソフトバンクか 「iPad」搭載の通信キャリアが焦点(産経新聞)
陸自3曹を逮捕=女子中生にみだらな行為-埼玉県警(時事通信)
大津波・津波警報 北海道・根室市3363世帯に避難指示(毎日新聞)
子宮頸がんワクチン接種の公費助成を(医療介護CBニュース)

千葉・東金の女児殺害「物証中心の審理を」 障害者団体が申し入れ(産経新聞)

 千葉県東金市で平成20年9月、同市の保育園児、成田幸満ちゃん=当時(5)=が殺害された事件で、殺人罪などで起訴された勝木諒被告(23)について、知的障害を含む発達障害の当事者や親、医療関係者らで組織する「日本発達障害福祉連盟」(金子健会長)が5日、被告の知的障害に配慮し、供述よりも客観的に物証中心の審理を行うよう、千葉地裁に申し入れた。

 同連盟は昭和49年に結成された、国内唯一の知的障害を含む発達障害関係団体だが、個別の刑事裁判について裁判所に申し入れを行ったのは今回が初めて。

 申し入れは「知的障害においては、『取り調べ』のような、圧力がかかりやすい状況下では、相手の意図や誘導に沿った言動に陥りやすい傾向が強く認められる」と指摘。知的障害者は、供述に必須の時間の概念、客観的な状況認識、自己表現能力などにも問題があるとして「供述以外に比重を置き、客観的で十分に証明された確固たる『証拠』を中心とした審理のあり方でなければ公正の裁判とならない」と指摘している。

【関連記事】
千葉・東金の保育園児殺害 証拠の指紋一致せず 弁護団が独自鑑定
児童精神科医ら容疑者に面会調査へ 幸満ちゃん事件 
東金女児殺害1年 母親がマスコミ各社にコメント
幸満ちゃん事件 「被害者参加制度の適用を」 遺族が意向
幸満ちゃん事件 「苦しみ知り寄り添いたい」 母親が手記

<明石市歌>“豪華”にCD化 100枚を販売(毎日新聞)
焼け跡から遺体、知人男か=夫婦大やけどの放火事件-京都・亀岡(時事通信)
新幹線台車破損 ギアカバー 油漏れ車内に煙(産経新聞)
普天間移設、3月中に政府案決定…首相明言(読売新聞)
<チリ地震>津波の養殖被害は数百億円に(毎日新聞)

<温暖化対策>主要国の非公式会合始まる 交渉の進め方議論(毎日新聞)

 京都議定書に定めのない13年以降の地球温暖化対策などについて、主要国が意見交換する非公式会合が1日、東京都内で始まった。昨年末にコペンハーゲンで開催された国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)後、主要国の交渉担当者が一堂に集まるのは初めて。今後の交渉の進め方などを巡る議論が注目される。

 この会合は日本、ブラジル両政府が主催し今年で8回目。欧米各国の他、中国、インドなどの新興国、途上国計28カ国と欧州連合(EU)の交渉担当者、デブア同条約事務局長らが出席した。

 共同議長を務める外務省の古屋昭彦・地球環境問題担当大使は冒頭、「(COP15でまとめられた)コペンハーゲン合意は法的拘束力のある文書採択という目標を達成する足がかりになる」とあいさつ。2日間の会合で、▽COP15の評価やCOP16で合意すべき事項▽今後のコペンハーゲン合意の取り扱い--などについて議論することを提案した。【大場あい】

【関連ニュース】
温室ガス:主要国が削減目標提出 31カ国・地域順守へ
温暖化対策:デブア事務局長が辞任へ
温室効果ガスを減らそう/1 まとまるか?「京都」後の約束
地球温暖化対策:COP15後初の公式協議を4月に開催
地球温暖化対策:国連気候変動条約事務局長が辞任へ

北教組事件 小関容疑者「5区担当は15年前から」(産経新聞)
<不正受注調整>大手3社を立ち入り検査 公取委(毎日新聞)
ゴルフ場で土砂崩れ、作業員生き埋め(読売新聞)
<着服容疑>岡崎信金の元支店次長を詐欺容疑で逮捕(毎日新聞)
<寺島しのぶさん>最優秀女優賞トロフィーにキス(毎日新聞)

エレベーター強盗、女性殴り現金奪う 大阪・北区のマンション(産経新聞)

 25日午前1時55分ごろ、大阪市北区池田町のマンション(29階建て)のエレベーター内で、このマンションに住む飲食店経営の女性(32)が男に顔を殴られた。男は現金約8万円が入った財布を奪い逃走。女性は顔に軽傷を負い、曽根崎署は強盗致傷事件として捜査している。

 同署によると、男は身長約180センチで、黒っぽい目出し帽で顔を隠し、迷彩柄の上着、黒っぽいズボンを着用。帰宅途中の女性に後ろから近づき、いきなり顔を殴ったという。

 エレベーターからは、男が所持していたとみられる刃渡り17センチの文化包丁と刃渡り10センチの果物ナイフが見つかったという。

【関連記事】
なぜ2人も…強盗殺人の動機ただす裁判員 補充1人解任
裁判員裁判で初、取り調べ録画DVDで応酬 強盗殺人に無期求刑
未明のエレベーター、顔殴り8万円奪う 大阪、刃物2本残す
田園調布の民家に2人組 もみ合いで男性会社員が負傷 
神戸で強盗強姦男を再逮捕 現場の体液が決め手 兵庫県警

両陛下、3月に京都へ 学会などご出席(産経新聞)
司馬遼太郎の絵心満載、取材ノート 記念館きょうから公開(産経新聞)
<首相公邸>改修費は474万円 鳩山首相の転居時(毎日新聞)
「逮捕は不当な組織弾圧」北教組がコメント(読売新聞)
<銃刀法違反>ネルソン容疑者を那覇地検が釈放…中日の投手(毎日新聞)

<強制わいせつ>容疑で塾経営者逮捕 「除霊」と称し 千葉(毎日新聞)

 「除霊」と称して教え子の女子高校生にわいせつ行為をしたとして、千葉県警八千代署は25日、同県佐倉市西志津7、学習塾経営、加藤友之容疑者(33)を強制わいせつの疑いで逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、1月29日午後9時55分ごろから約1時間にわたり塾内で、高校3年の女子生徒(18)に「除霊する」と持ち掛け、うつぶせにして体に触ったとしている。

 同署によると、加藤容疑者は塾内で「霊感が強い」と評判で、この女子生徒には「君には猫の霊がついている」と話していたという。【神足俊輔】

【関連ニュース】
広域窃盗:強盗強姦未遂で容疑の男を再逮捕 愛知県警
わいせつ:取調室で被害女性に行為の疑い、警部補を逮捕
強制わいせつ容疑:元Jリーガーを処分保留で釈放
非出会い系:被害が前年比4割増 規制強化が影響か
神奈川県警:「薬物ある」と誘い暴行…容疑の男を再逮捕へ

羽田濃霧欠航、裁判官戻れず判決延期…函館(読売新聞)
JR米原駅 信号トラブル(産経新聞)
イカナゴ漁が解禁 播磨灘に春の訪れ(産経新聞)
生活保護費詐取容疑で占師逮捕=テレビ出演で発覚-大阪府警(時事通信)
最大動圧点

温暖化法案、原発利用を明記=連立相手の社民にも配慮-小沢環境相(時事通信)

 小沢鋭仁環境相は23日の閣議後記者会見で、政府が今国会に提出する地球温暖化対策基本法案について「原発の記載が全くないのはありえない」と述べ、原子力発電の利用を明記する方針を示した。直嶋正行経済産業相も同日の会見で「原発についても(法案に)きちっと書き込む」と強調した。
 ただ、小沢氏は「書きぶりは社民党の意見も十分踏まえなくてはならない」と述べ、連立政権のパートナーで「脱原発」を掲げる社民党に配慮する姿勢もにじませた。 

【関連ニュース】
テヘラン研究炉を公開=イラン
安全委も運転再開容認=停止中の高速炉「もんじゅ」
米、トマホーク廃棄を伝達=政府は容認
小政党「おとなしくして」=福島、亀井氏に不快感
準備会社に折半出資へ=排出量取引所創設で

医学部新設に反対=「教員確保で地域医療崩壊」-学部長会議(時事通信)
お祝いすると父娘仲良く? =「ひな祭り」ネット調査-カルピス(時事通信)
「脚本読んで電気が走った」=ベルリン映画祭で女優賞の寺島しのぶさん(時事通信)
<北沢防衛相>小沢氏は参院選前に出処進退の説明を(毎日新聞)
地形によって予測より高い波も 気象庁HPに津波情報(産経新聞)
プロフィール

うえすぎともるさん

Author:うえすぎともるさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。